The DOOR vol.3

2015年9月8日

牧野竜太郎 (vo) ・成田祐一 (Fender Rhodes) ・カワムラヒロシ (gt) ・山本連 (bs) ・河村亮 (ds)


振り返り( ..)φメモメモ

牧野竜太郎さんがバンド"The DOOR"を引き連れて、ついにバールRHODES初出演でした!! Rhodesに成田祐一さん、ギターにバールRHODES初出演のカワムラヒロシさん、ベースに山本連さん、ドラムに河村亮さん、という豪華なメンバー!
そして、その扉が開かれました!!!

なんとも素晴らしくオーガナイズされたライブ。牧野さんがいつもはやらないけれど、この時にだけ披露するようなレアな曲がメインになっているという。インストのメンバーみんながコーラスもする、それはそれは楽しいサウンドと驚きの展開。
牧野さんの声がとても心地よく響く上に、安定感もバツグンなので、初めて歌う曲などでも、それこそずっと歌いこなしてきた曲のように、心にずっしりと届くのです。MCでしくじらないように、とおっしゃっていたけど、心配いりませんでしたね。
初出演のカワムラヒロシさん、繊細なギターとコーラスの歌声の優しく柔らかなトーンが、牧野さんのヴォーカルに豊かな彩りを添えていました。優しいお人柄が音楽に出ていました。
そして、成田さんのFender Rhodesは、クールな響きと輝きに満ち溢れていて、ジャジーな雰囲気を思いのままに創り上げてしまう。本当に成田さんの手にかかるとこのFender Rhodesが全く違う生き生きとした音を出してくれる。
河村亮さんのドラム、今日も冴えていて、繊細さと大胆さの駆け引きは絶妙。牧野さんのヴォーカルを最大限に引き立たせていたように思いました。
そして、今回から"The DOOR"に初参加という山本連くん。彼はあの若さでは信じられないほどの安定感とグルーヴを持っていて、その存在感は諸先輩も顔負けするのではと思うほど。コーラスの声も低くてよく響く素敵な声を持っている、本当に才能の塊だと痛感しました。