Satoshi Yoshida “Memento”

2015年11月17日 

吉田サトシ (gt)・Tony Suggs (Fender Rhodes)・SOKUSAI (ba)・Tomo Kanno (ds)・Guest Vocal Maya Hatch (vo)


振り返り( ..)φメモメモ

吉田サトシさんの感性を満たすべく集結されたこの豪華なメンバー!!!サトシさんのギター、7月のライブ以来という驚愕の期間を経て、ようやく聴くことができました!!!

やはり最高に華麗にして楽しいサウンドに満ち満ちていて、一瞬にして盛り上げてくれる、そんなギター。圧倒的な存在感をもって、バンドの仲間もお客様も巻き込んで、一気に盛り上げていってしまうサトシマジック。何時聴いても何度聴いても激感動してしまう。ステージの中心に立つべき人物だと思わざるを得ません。
そこにTonyちゃんのファンキーで超絶なRhodesとキーボード、SOKUSAIさんの華麗なベース、Tomoさんの力強いドラムがさらなる色彩を与えていくから、もう何が何だかわからないほどのサウンドに。シビレまくるということになっていくのですね。

そんな風に、両セットとも “Memento” から2曲ずつのインストで始まって、そして3曲目からMayaちゃん登場!本当に最高の歌、最高の声!サトシさんの1stアルバムでも歌った2曲を1stセットで、2ndアルバムからも2曲を2ndセットで、そしてご自身のオリジナル曲も1曲ずつ。バランスのよい構成はサトシさんの几帳面さでしょうか?1stアルバムの1曲目に入っている “Meant To Be” のMayaちゃんのverseの意味がまた深い想いをもって伝わってきました。でも楽しいMCも健在で、超ハッピーさせてくれる。アンコールではMayaちゃんの “Imagine” と “We had a nice time,” これが猛烈にカッコイイ。

そんなこんなでこの日も最高のサウンドと最高の盛り上がりの中に暮れていきました。