ハシコロ

2015年10月27日

須田晶子 (vo)・栗林すみれ (Fender Rhodes)・小林豊美 (fl)


振り返り( ..)φメモメモ

ついに!ハシコロがバールRHODES初登場でした!

リハーサルの時から、何気ない話題に皆がケタケタと笑い声をあげながら和やかなムードに包まれた日。
それでも音楽に向かう時の真剣さ真摯さ熱さなどは、他の誰よりも感じさせる、そんな3人。

様々な楽器、時におもちゃのようなものまで駆使して音を塗り重ねていく、まるで絵を描くように。そして創り上げられた世界は本当に淡い色鉛筆の世界だったり、柔らかなパステル画の世界だったり、原色を使った油絵の世界だったり、心をえぐるようなモノトーンの墨絵の世界だったり。。。あれ、漫画の世界???とかも。それはそれは豊かな表情で皆に語り掛けてくる。本当に素敵な世界観。

声の美しさやジャズフィーリングの素晴らしさで定評のある須田晶子さんはバールRHODESに何度もご出演いただいていましたが、え~~~っと思うようなそんな激おもろい表情まで見せてくださいました。ナイチンゲールだけじゃない!(笑)

小林豊美ちゃんはいつものように沢山の楽器(一部おもちゃ?)も駆使して、宇宙の果てまで行ってくる感じで、その世界を広げることに一役買ってくれます。今回は歌もきかせてくださいました。エフェクター効果が鬼のように面白すぎでした。

そして、バールRHODES初出演、Fender Rhodesを弾くのも今回が初だという栗林すみれちゃん。事前にFender Rhodesの状態を見に来てくださるというプロ根性を感じましたが、変な汗が出るとおっしゃっていながら、それぞれの音域が持つ特性を理解しての演奏には脱帽でした。歌も歌えるし、この日の朝に出来た新曲のイメージを伝えるために書いたという絵がまたかわいらしい。2枚目のアルバム「トラヴェリン」も出たばかり。ほぼオリジナルでステキな曲ばかり、要チェックです!!!

3人の皆さんがお互いをものすごくリスペクトし認め合う、そんな関係が生み出す奇跡のサウンドと空間があった本当に楽しい夜になりました。