BOTAN

2014年7月22日

須田晶子 (vo)・成田祐一 (Fender Rhodes)・安田幸司 (ba)・工藤悠 (ds)


振り返り( ..)φメモメモ

その日もまたまた温かく優しくそして高貴な夜となりました。
今回は須田晶子さんをいつも支えていらっしゃるメンバーがそろい、成田祐一さんはお馴染みですが、ベースの安田幸司とドラムの工藤悠さんに初出演いただくことができました。感謝感激です。
ベースの安田さんは世界一サポートの旨いベーシスト、そしてドラムの工藤さんは世界一小さい音が出せるドラマー?そしていつもの成田さんの優しいFender Rhodesということで、須田さんの澄んだ美しい声を引き立たせる絶妙のバランス感を存分に味わうことができました。
アンコールでは聴きにいらしていた素晴らしいボーカリストの黒沢綾さんも須田さんとのDUOを披露してくださって、お二人の優しい声にこれまた酔いしれることができました。
ジャズって、こんな心地よい感覚が嬉しい、そんな想いも新たにしました。3連休明けのアンニュイな一日の終わりは、何とも充実した時間になりました。