“In the mood for JAZZ” vol.4

2014年3月11日

Fire Lily (vo, fl)・KOTETSU (vo, tb)・小林岳五郎 (Fender Rhodes)・ 吉田サトシ (gt)


振り返り( ..)φメモメモ

その特別な日は、”I can't Help It"から始まりました。

ジャズへの挑戦という想いで創り上げられたこのユニット。一人一人があまりにも才能豊かで個性的なアーティストであるこのユニットが、とどめることのできないジャズへの熱い想いを爆発させるマチュアーなバンドとして力強い息吹をあげた、そんな凄まじいライブでした。

「駆けつけてくださるお客様、共演者と共有する空間や時間の中で音楽が力強く花開いていく姿を感じて、心に力が湧いて来ました。」と、KOTETSUさん(https://www.facebook.com/kotetsujazz より)。4人のアーティスト一人一人が唯一無二の存在であり、それぞれがヒーローである、と同時に、それを受け止めて会場を盛り上げていくお客様一人一人もみなヒーローであり大切な存在なのだということを思い知らされたライブでした。