Geila Zilkha Solo Live

1月15日 (金) 2016

Geila Zilkha (vo)・中島徹 (Fender Rhodes)・竹中俊二 (gt)

金曜日ですが、スペシャルライブです!!! そう、あのGeila ZilkhaさんがバールRHODES初出演です。 ずっとお待ちしていましたが、なかなかタイミングが合わず、ついに金曜日にやっていただけることになりました。 本当にステキな歌声、軽快なスキャット、楽しいMCをお聴き逃し無く!!!

Open 18:00 | First 20:00 | Second 21:30
Music Charge ¥3,800 | プラス1品~

Sold Out


振り返り( ..)Φメモメモ

金曜日に、スペシャルライブです!!!あのGeila ZilkhaさんがバールRHODES初出演してくださいました!!!

Geilaさんの歌のパワーというか、弾けるような力、透き通った響き、天高く抜けていくようなサウンド感、魂の籠ったコトバは、本当に圧巻でした。緩急のメリハリのあるセットリスト、素晴らしいオリジナル曲の数々、スタンダードの素敵なアレンジも最高。軽快なスキャットもあり、お約束の楽しいMCあり、本当にそのステージングの素晴らしさは筆舌に尽くしがたいものがあります。これは、ジャズを勉強している方々にも是非観ていただきたい聴いていただきたいライブでした。

中でも、ギラ山ジル子さんにもご登場いただき、ちあきなおみさんの『喝采』を歌っていただいたときは、皆が息を殺して聴き、終わった後の本物の大喝采には、ゾクゾクするものがありました。

お客様も最初からテンション高く、大歓声・大拍手の嵐。でも、一番前の席のお客様は、アーティストさんとの距離がとても近いので、結構緊張していらっしゃる方も多いのですが、Geilaさんはそんなお客様への配慮も忘れず、緊張をときほぐすような痛快なMC。

初出演にして、Fender Rhodes一本で全曲を弾いてくださった中島徹さん、その爆発力の凄さは、圧倒的。そしてそのサウンドのクールさにも大感動でした。また、Geilaさんにも勝るとも劣らない楽しいMCもあり、そのお人柄もなんとも素敵なかたでした。

そして、こんなところで何かを書く必要など全くないほどのスーパーギタリストの竹中俊二さん、こちらもずっとずっとご出演が叶わなかったのですが、ようやくお越しいただき、もうそれはそれは楽しく素晴らしいギターをようやくこのバールRHODESでご披露いただき、本当に嬉しく思いました。

Geilaさんのスキャット、中島さんと竹中さんの駆け引きがまた超ジャジーで感動的。こんな激楽しいサウンドに終始包まれたバールRHODESでした。