"Chapter 8"~a new beginning~

2015年6月16日

Maya Hatch (vo) ・宮川純 (Fender Rhodes) ・吉田サトシ (gt) ・小泉P克人 (ba) ・石若駿 (ds)


振り返り( ..)φメモメモ

"This is the end of one chapter of my life and the start of a new one.. "she said. This show will be a new beginning of Maya Hatch. Don't Miss it!!!" 「これが私の人生のなかの一つの章の終わりであり、また、新たな章の始まり。。」というマヤ。 このライブの後、制作やあらたなステージへ向かうための期間にしたいということもあって、どこか吹っ切れているようなマヤちゃん。
セットリストもメンバー全員のオリジナル曲のみからなる充実の素晴らしいものになりました。新曲も2つも。小さい身体でたった一人でやっているのに、もの凄いエネルギーが炸裂し、凄まじいパワーを感じさせるライブでした。
サポートメンバーの皆も、とても力が入っているようで、パワー全開。ぶっ飛び満載で華麗でクールなギターの吉田サトシさん、3機の鍵盤を自由に操る表情の豊かさが半端ない宮川純さん、グルーヴ感モリモリでユーモアも忘れないムードメーカーの小泉P克人さん、そして、久しぶりにバールRHODESに登場してくれた若くして天才的なドラムワークを魅せてくれるShunBabyこと石若駿さん。
いや、スゴイライブでした。
大親友だという宮本 美季さんもアンコールで登場し、その凄まじい声を聴かせてくださいました。

業界の方々、ミュージシャンの方々も沢山駆けつけてくださって、本当にマヤちゃんの音楽の素晴らしさと活動してきた幅の広さとお人柄を感じずにはいられません。これからも自分を信じ、さらなる高みを目指して頑張って欲しいと思います。心より応援しています。