Back to All Events

Nu Ethno-Dancebeat - DoooDism 2018 vol.1

6月26日 (火) 2018

斎藤タカヤ (Fender Rhodes,key,voice)・松岡 matzz 高廣 (perc)・堀井慶一 (ba)・山内 陽一朗 (ds)

マルチ楽器奏者/ボーカリスト/作曲家/アレンジャーであり、 メインでは鍵盤楽器奏者の斎藤タカヤが、 ジャズ・ラテン・ネオソウル・ファンク・クラシック…などのバックグラウンドを持つ その音楽的イマジネーションを形にしたミクスチュアバンド「(get his)DoooD」。 サルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」のピアニストであり、 日本のラテン音楽シーンのメインストリームで活躍している斎藤が、クラブジャズシーンで一世風靡した「quasimode」の松岡”matzz”高廣との運命的な出会い、そして彼とのコンセプチュアルな同盟を得て、2017年バンドを始動。二人を中心に、様々なジャンルのセッションを通して音を交えてきた 最先端のミュージシャンたちが集結。斬新なアイデア、テクニック、パッション、そして 東京というシチュエーションがもたらすアーバンな空気感 そんなバックグラウンドの全てが、誰も体験したことのない新しい音楽 「Nu Ethno-Dancebeat」として結晶する!

入替なし
Open
18:30| First 19:30 | Second 21:00
Music Charge ¥3,500 (adv.) / ¥4,000 (door)| プラス1 品~(ミニマムオーダー2000円以上)

ご予約はこちら