JAB Live (成田祐一アコーディオンライブ)

5月4日 (水曜祝日) 2016

成田祐一 (ac) ・栗林すみれ (Fender Rhodes) ・松尾由堂 (gt) ・古木佳祐 (ba) ・工藤明 (ds)

成 田さんのアコーディオンのライブがまた帰ってきます!!!JABとは、前回のアコーディオンライブでバンドメンバーが付けたバンド名で、Jesus Narita Accordion Band。 いつもは、Fender Rhodesを奏でていただくのですが、今回こちらはすみれちゃんにお任せし、 その哀愁を帯びた素晴らしいアコーディオンのサウンドを是非ご堪能ください!!! 絶対にお聴き逃し無く!!!

Open 17:00 | First 19:00 | Second 20:30
Music Charge ¥3,000 (adv.) / ¥3,500 (door) | プラス1品~

本日のご予約はお電話で、03-6427-0149(15時以降)


振り返り( ..)φメモメモ

5月4日 (水曜祝日) 2016
JAB Live (成田祐一アコーディオンライブ)

成田祐一 (ac) ・栗林すみれ (Fender Rhodes) ・松尾由堂 (gt) ・古木佳祐 (ba) ・工藤明 (ds)

成田さんのアコーディオンのライブがまた帰ってきました!!!JABとは、前回のアコーディオンライブでバンドメンバーが付けたバンド名で、Jesus Narita Accordion Band。いつもは、Fender Rhodesを奏でていただく成田さんが、そこはすみれちゃんにお任せしたライブ。

前回、 その哀愁を帯びた素晴らしいサウンドが大好評で、その場で今回が決まったものですが、今回はその哀愁を帯びたサウンドは、由堂さんとのDUOだけに封印?ものすごく晴れやかで元気の出るサウンドに!!!これは、もしや、前回は秋だったからその時の空の色を映し、今回は快晴の夏のような空の色を映しているのか。。と思うほど、同じ曲でありながら、曲想をガラッと変えて届けられる。こんなところが、やはり成田さんのアコーディオンの凄まじい魅力。常に違うサウンドを届けてくださるから、聴いたことアルなんていう言葉に意味がなくなる。ちゃんといつも聴かないと損してしまうという。。。

メンバー全員がリーダーを張れるような逸材で、その息もめちゃくちゃ合っていて、本当に互いをリスペクトし合って創られたサウンドは、とんでもなく楽しいの一言。次から次へとスーパープレイが聴けるのですから、たまったもんじゃありません!!!すみれちゃんのFender Rhodesにも今回は力強さも加わって圧巻のプレイ。由堂さんのギターは音色の美しさととんでもないフレージングを涼しい顔で。佳祐さんのベースはウッドか?と思うようなファンキーなラインでウッドの特性を生かした超絶プレイ。明さんのパーカッションは本当に絶妙のバランスとお茶目な演出。どれをとってもひとつひとつが超楽しいサウンド。

今回は、ミュージシャンのお友達の方々がいらしていたので、フルートの小林豊美ちゃんとアルトサックスの東金城友洋さん、シンガーのKOTETSUさんが飛び入り参加。豊美ちゃんと東金城さんの激ぶっ飛んだ"All The Things You Are"にたまげてみたり、KOTETSUさんは成田さんのアコーディオンの間奏が光る"Isn't She Lovely"を敢えて選択。最後のアンコールは全員でちょっと聴いたら何の曲だかわからないほどに激ファンキーな"straight no chaser"で締めくてくださいました。飛び入りの3人のトンデモないはっちゃけぶりは二度と見れないかもしれないほどではないでしょうか。