「揺れる!」vol.2

2014年6月17日

中村誠一 (sax)・吉岡英晃 (Fender Rhodes)・沼上励 (ba)・小泉高之 (ds)


振り返り( ..)φメモメモ

日本JAZZ界を牽引してきた重鎮、中村誠一さんをまたバールRHODESにお呼びすることができました!!!
中村誠一さんの色気のあるSaxですが、この日はなんと2本同時に吹くという神業までご披露いただきました!
この日、Rhodesを弾いてくださったのは吉岡英晃さん!!!硬くて浅いFender Rhodesのタッチにご苦労をお掛けしてしまいましたが、そこは流石、どんどんとこのじゃじゃ馬を飼い慣らして自分のものにしていらっしゃる様もお見事。余裕の演奏で皆を楽しませてくださいました。
ベースの沼上励さんは、ウッドの優しい音色が本当に心地いい、Fender Rhodesの音とのバツグンの相性の演奏を披露してくださいました。
一方で、小泉高之さんのドラムは本当に若々しく元気な感じで、うちでのドラム演奏の中でも1、2位を争うほどのにぎやかさだったのではないでしょうか。
本当に遊び心満載の素晴らしい良きジャズを堪能させていただきました!!!